MORITA

スタッフインタビュー

[店長] 星野 美音子

一日の流れ

  • 11:30出勤、引き継ぎ、スケジュール確認
  • 12:00接客、メーカー対応、売り場作り、中礼
  • 16:00業務、売り場作り、引き継ぎ
  • 19:30退勤

1 入社したきっかけ

モリタに入社前、子育ての傍らコンビニでアルバイトしていたのですが、その時、お客様に接し、沢山の楽しさを頂いて本格的に接客の仕事がしたくなり入社しました。

2 こだわり。仕事をする上で何を大切にしていますか?

お客様の立場に立って考えること。たくさんお話をしてお客様に楽しんでもらうことです。一緒に笑って頂けるととても嬉しいです。

3 やりがいを感じるのは、どんな時?

お客様が一緒に笑って楽しんで頂けて「また来ます」と言ってくださった時です。何か目標に向かってみんなで頑張っているとき。ベクトルが同じ方向に向かっているときの人の力ってすごいなって思います。

4 これから挑戦したいこと、夢

ディスプレイも好きなので、素敵なお店を作ってお客様に楽しんで欲しい、スタッフもみんなでやりがいを持ってお客様と一緒に楽しめるお店を作って行きたいです。行くとなんだか和める、ホッと出来るお店を広めていきたいです。

5 モリタってどんな会社?

今の常務に面接していただいたのですが、その際、「やる気があれば社員、契約、パートに限らず色々な事に挑戦出来るんだよ」と、言われた通り、やりたいことに色々挑戦させていただきました。自分の力を試せるし、やりがいを与えてもらえる仕事をさせていただいています。上司とも近い、アットホームな会社です。

6 後輩に伝えたいこと

自分が何が好きなのか、何をしたいのかを突き詰めて、自分にしか出来ないことを極めて行く継続する力とやる気を持って、毎日楽しく仕事して欲しいです。

7 接客時に気をつけていること?星野店長にとって、ずばり接客とは?

失礼にならないように、圧迫感を与えないように自然に話しかけるようにしています。商品を売る。と、言うよりはまた来たい、楽しいお店だと思って欲しいので。接客とは、私にとって、物を販売すると言うよりはお客様に勉強させていただいている、と、思っています。沢山のお客様とお話をするとその分、色々なお話を聞かせていただけるので知らなかったことを知れる楽しみを味わえます。

8 仕事と家庭の両立ポイントを教えて下さい。

正直、親の協力が大きいです。子供も大分大きいので、家事を手伝ってくれたりします。食事は朝、出勤前に朝昼(お弁当)夜ご飯を作って、すぐ食べれるように準備してから出掛けます。家事も洗濯などは出勤前に。後は休みにまとめてこなします。

9 ロープレ大会について

第4回イオン同友店ロールプレイングコンテスト
・幕張新都心大会 優秀賞
・ベイエリア大会 優秀賞
・関東東海地区大会 敢闘賞

ずっと接客が大好きでお客様とお話しするのが楽しい!と、思って仕事をしてきました。予選を通過し、館内優勝した時は、とにかくびっくりしました。ただ、2年連続でどうしても関東東海地区大会に出場するまでに至らず、応援してくださったスタッフ、マネージャー、お客様に申し訳なく、悔しくて仕方がなかったです。

3年目、異動後、初めてのロープレ大会。大きな館で出場者も多く、自信は無かったのですが、毎年ロープレ大会に出ては足りないところを意識した接客を行っていたこと、今までの経験を活かし、館内優勝をすることが出来ました。 次こそはもっと上の大会に出場したいと日々の接客に励み、毎年ロープレ大会ではマネージャーに付き合って頂き支えてもらっていたので、関東東海地区大会の行われる東京ドームホテルにマネージャーを連れて行くぞ!と頑張って特訓をしました。 そして、やっとベイエリア大会を突破。関東東海地区大会に出場することが出来ました。

大会出場まで2日に1度、会議室を利用しての特訓、プレッシャーと緊張に押しつぶされそうになりながらも、いつも練習に付き合ってアドバイスをくれたマネージャーと、イオン関係者の皆さん、お店をしっかり守ってくれたスタッフに支えられ頑張れました。 全国大会には力及ばずで出場する事は出来ませんでしたが、皆さんに支えられ暖かい応援の言葉に励まされ、自分は幸せ者だなぁと思いました。

前回は緊張の為、硬くなっていましたが、次こそは全国大会目指して自分らしい接客と、いつもお客様に良くして頂き、パワーをもらっているので日頃の感謝の気持ちを忘れずに、楽しんで挑みたいと思います。

Photo Gallery