MORITA

スタッフインタビュー

[商品企画課] 高渕 華奈子

一日の流れ

  • 09:30出勤、引き継ぎ、スケジュール確認、朝礼
  • 10:30メール・データチェック
  • 11:00メーカーとやり取り
  • 12:00休憩
  • 13:00上司とスカイプで打ち合わせ
  • 16:00情報交換・パターン制作
  • 18:30退勤

1 入社したきっかけ

以前、アパレルの会社で企画デザインをしていたので、それを活かせる仕事をしたいと思い、入社しました。

2 こだわり。仕事をする上で何を大切にしていますか?

企画という仕事には商品を作り出すまでたくさんの人の意見を取り入れ、協力し合い1つの商品が出来上がる。その出来上がった商品をお客様のお手元に届くまでメーカー様から、商品センター、各店のスタッフなど様々な方の協力が必要です。自分本位で動くのではなく、常に相手にとって、何が最善なのかを一番に考えながら仕事に取り組んでいます。

3 やりがいを感じるのはどんな時?

この仕事をしていてうれしいと感じるときは、出かけた先で、自分の企画した商品を使用されているお客様に出会った時。スタッフが使っていてくれた、購入してくれた時も同じ。私が企画したのがこれだ!というものを作り上げるよりも、スタッフや、お客様の要望を形にする、というスタンスで企画をしていて、またそれをとても楽しく感じています。みんなの意見がうまく集約して出来上がった商品をスタッフやお客様が手に取ってこんなものを探していた!と喜ばれた時、それが一番の幸せでやりがいを感じる瞬間です。

4 企画の仕事って??

もともと、前職ではアパレル企業に勤めていたので、主にジャケットやシャツなど服メインでデザインする合間で、バッグや小物のデザインの仕事をしてきた為、バッグの本格的な企画は入社してから学び始めたようなもの。機能性や縫製上の細かな仕様は現場で販売しながら経験し学び、のちに本格的に企画職に就きました。

仕事内容はまず、シーズン毎のテーマ・計画を自分で考え、スケジュール配分を考え、そのタイミングに商品アップするようスケジュールを合わせて様々なデザインを考えあてはめていきます。 大体の要素が決まりましたら一度上司と意見をすり合わせ、メーカーへサンプル依頼。商品を生産するリードタイムがあまりない為、サンプル製作は時間との勝負。シーズンの約半年前から企画をスタートし、ファースト・セカンドとサンプルを進め製品生産へと運びます。 だからこそ1発でイメージ通りのファーストサンプルが出来た時は本当にうれしい。でも、デザインと素材のイメージが合わなかったり、仕様がうまく指示できていなかったり。 デザインが良くとも、単価が見合わなくて度々ペンディングになったり。作成しては提案、没、提案の繰り返しです。

そんな中、プレゼンが通り量産に結びつき、リピートがかかったりすると、この仕事、やってて良かった!!と特に実感します。また縫製も沢山のポジションの方にチェックして頂き、製品がお客様に長く愛して頂けるように、最善の配慮を心がけています。 特にファーストサンプル・セカンドサンプル・生産前検品には、自社の修理工房のベテランの上司からもレクチャーを受け、日々商品の品質・精度を上げる為の努力は惜しみません。

素材への知識 、縫製工程など、学ぶべき事はまだまだたくさんあります。 自社・他社問わず沢山の商品を見て、触って、使って。 数をこなして身につけていくしかないスキルなので、まだまだ修行が必要。終わりは無く、どこまでも成長していける。いつまでも商品とともに高め合うことができる。そんな素敵な仕事だと思っています。

5 仕事と家庭の両立ポイント

産休、育児休暇を経て復帰し、現在2歳の息子を育てながら仕事をしています。家庭と仕事の両立できるか、最初は不安でした。でも実際に復帰してみると所属部署にはワーキングママがほとんど。経験豊富で理解深い上司や同僚に支えられ、常に私の家庭環境や、息子の持病を気遣ってくださり、子供の急な発熱でお休みを取ることもあっても「子供の傍にいてあげて、早く治るといいね。」と言って頂ける。子育てに悩んだときには、気軽の相談できる同僚の先輩ママからからアドバイスもらったり。 とても理解ある職場環境に恵まれ、支えられ、こうして両立できていると思います。

家族や、周囲のサポートが有り、初めて自分の仕事をこなせているといつも感謝しています。 ON.OFFをしっかり切り分けてバランスを取るのもポリシー。休日が充実すると、自然に仕事へのモチベーションが上がります。 その為、気を付けている事は時間をとにかく大切にすること。 子を持ち母となり、ますます時間の大切さに気付かされました。効率的な仕事のスケジュール配分をする。 家に仕事を持ち込まないのが、私の中の基本ルールです。仕事を終わらせ、家に帰ればママになって育児タイム。 普段働く時間が長い分家族に関わる時間を大切に、きちんと向き合いながら過ごします。この働き方ができるのも、この会社ならでは...と思います。女性社員が不安なく復帰し、活躍できる会社です。

6 これから挑戦したいこと、夢

資格をとりあえず、取れるだけ取る。特に自分の仕事に関連のある資格の勉強は、本当に楽しいです。勉強し身についた技術を、これから会社の為に少しでも反映できるように努力していきたいです。

Photo Gallery