MORITA

スタッフインタビュー

[ディレクター] 大友 邦子

一日の流れ

  • 11:00出勤・各店数字チェック
  • 12:00接客
  • 13:30休憩
  • 14:30中礼
  • 15:00接客・レイアウト変更
  • 16:00情報収集、情報交換
  • 17:00企画会議
  • 18:00休憩
  • 19:30退勤

1 入社したきっかけ

もともと革でいろいろ作ったりするのが好きだったので、革のバッグをたくさん扱っていてかわいいお店だったので働きたいな〜と思ったのがきっかけです。

2 こだわり。仕事をする上で何を大切にしていますか?

みんなが楽しく仕事すること。それは何かをやり遂げるやりがいだったり、みんなで同じところへむかうチームワークだったり、楽しさは色々だと思うんですが、大半の時間仕事してるので楽しく思えることが一番です。

3 やりがいを感じるのは、どんな時?

みんなで取り組んだフェアが成功したとき。

4 これから挑戦したいこと、夢

かっこいい大好きなものだけで成り立つ店づくりです。かわいくて、こだわった大好きなものだけあるお店です。

5 モリタってどんな会社?

みんなあったかくて大好きです。やりたいことを手助けしてくれたり、お店ごとにいろいろ作っていける会社ですよね。

6 後輩に伝えたいこと

色んなことに目を向けて、広い世界でたくましくがんばって欲しいです。

7 ディレクターの仕事って?

受け継いできた大切なものはしっかり芯として残して、そこに新しいものを加えてより素敵で楽しいお店を目指すことです。 素材やデザインにこだわったBAG、長く愛用したくなるBAG、ちょっとボロくなったけど補修してでも使いたいBAG、 直感でステキと思えるBAG。。。コーディネートはBAGから。そんな愛おしいBAGや小物たちで溢れているのが「スタディオエス」です。
オリジナルの商品企画も手掛けています。素材、プライスのバランスなど難しいですが、妥協せず納得いく商品作りを心掛けています。まずは、自分が欲しくなるBAGを。企画した商品がお客様に長く愛されるようアフターフォローも忘れずに。 「スタディオエス」らしさを伝えるディスプレイの指導も行っています。
新店の準備は、わくわくします。商品仕入れ、DP用品の調達し、スタイリング。今までのイメージにさらに新しいエッセンスを加えて進化した「スタディオエス」の完成です。BAGの良さはもちろん、お客様のライフスタイルに合わせた提案、ファッションのコーディネートなどアドバイスできたらと思います。

Photo Gallery